フェレットは、ヨーロッパ原産で、ケナガイタチを改良したものといわれています。

フェレットは、数年前からブームになり、いまや定番のペットになりつつあり、フェレットを診てくれる獣医も多くなっているといわれています。

フェレットのなかでも『スーパーフェレット』と呼ばれる種類は、臭腺の除去と去勢・避妊手術がしてあり、ペットとして飼いやすくなっています。

イタチ科の肉食性哺乳動物で、フェレット以外のイタチ科の仲間にはイタチ、アナグマ、オコジョ、テン、カワウソなどがいます。

体長は35cm〜45cmくらいあり、薄いクリーム色や白色の被毛をもちます。

フェレットは、アメリカやカナダ、ニュージーランドの農場でペット向けに飼育されており、農場ごとに種類分けされ、「マーシャルファームズ」や「パスバレー」、「ニュージーランド・フェレット」、「ミスティック・フェレット」、「カナディアン・フェレット」、「アンゴラ・フェレット」、「スカンジナビア」、「ニューワールド」、「ハーク」、「スター・フェレット」、「ネザーランド・フェレット」など様々な種類がいます。

また、毛色の種類も多く、「セーブル」、「ブラックセーブル」、「ライトセーブル」、「ホワイトファー・ブラックアイ」、「プラチナ」、「シナモン」、「シャンパン」、「バタースコッチ」、「スターリング・シルバー」などのフェレットがいます。

フェレットは、大人になっても「かわいい子猫のよう」といわれ、活発で好奇心が強いのが特徴です。また、フェレットは、一般的に猫(ネコ)より人に馴れやすく、飼い主とじゃれたりして遊ぶことを喜ぶ傾向にあるといいます。

Copyright (C) 2004-2007 Artlink. All Rights Reserved

フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|フェレットの種類|ペットの飼い方シリーズ

★かんたん相互リンク

Google
フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|フェレットの種類||ペットの飼い方シリーズ
かわいい動物/フェレットの飼い方
フェレットの病気

広 告

しつけ
フェレットの食事・餌(エサ・えさ)
フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|飼育用具
フェレットの特徴
フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|フェレットの種類||TOPページ