フェレットは、犬ジステンパーにかかりやすいため、小さい時からワクチンをうけさせましょう。

犬ジステンパーウイルスに感染すると、ほぼ100%死亡するといわれています。

また、フィラリアにかかっても、心不全の症状が現れ、死に至ることが多いといわれます。

フェレットをペットとして飼育するとき、アレルギー検査を受けた後、フィラリア予防・ジステンパー予防接種を受けます。

フェレットを診察できる動物病院は、日本ではまだ少ないといわれていますので、飼育する前に問い合わせをしてフェレットを診察してくれるかどうか確認しておきましょう。

また、人のインフルエンザも感染する事がたまに有ります。飼い主がインフルエンザにかかった場合は、触らないようにするか、しばらくフェレットを預け、他の人に飼育してもらうようにしましょう。

フェレットは、腫瘍ができやすい動物です。フェレットの半数以上が腫瘍にかかるといわれ、早期発見をすることが大切です。

この他、フェレットのメスには、貧血性の病気になるのを防ぐ意味で避妊手術を受けさせておく必要があります。また、オスは去勢手術をしておかないと、性腺に臭いがあり、気性が荒くなる傾向があるといわれています。このような理由から、フェレットをペットとして飼育する場合には、ペット用としてあらかじめ臭腺を取り、避妊手術や去勢手術を済ませた「スーパー・フェレット」という品種がおすすめです。

Copyright (C) 2007 Artlink. All Rights Reserved

フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|フェレットの種類|ペットの飼い方シリーズ

Google
フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|フェレットの種類||ペットの飼い方シリーズ
フェレットの食事・餌(エサ・えさ)
フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|飼育用具
フェレットの特徴
フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|フェレットの種類||TOPページ
しつけ

広 告

フェレットの病気
フェレットの病気