フェレットは、頭の良い動物ですので、ある程度の「しつけ」は可能だといわれています。しかし、トイレの「しつけ」は出来るという説と、出来ないという説があるようです。

最も頭が良いといわれる犬にも、覚えの良い犬とあまり良くない犬がいるように、フェレットにも個体差があるのかも知れません。

フェレットは、自分を呼ばれると、その声のトーンやイントネーションで分かるといわれます。しかし、違う人が名前を呼んでも反応しない場合があります。

また、「ごはん」と言うと喜んで寄ってきたり、「お風呂」と言うと逃げたりするようです。

フェレットに最も教えたい「しつけ」は、呼んだら来るということかも知れません。呼んだら来るようになると、ピクニックに出かけて、広い野原に放すこともできます。呼んでもこないようですと、つないでおかないといけません。

「お手」や「お座り」も、出来た場合はエサを一粒与える・・・というやり方でじっくり教えれば可能です。

気まぐれが多いフェレットに「しつけ」するときは、あせらず、じっくり構えて教えるということが大切です。猫と同じように、「しつけ」が嫌なときは、本当に嫌がります。

Copyright (C) 2007 Artlink. All Rights Reserved

フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|フェレットの種類|ペットの飼い方シリーズ

Google
フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|フェレットの種類||ペットの飼い方シリーズ
フェレットのしつけ
フェレットの病気

広 告

しつけ
フェレットの食事・餌(エサ・えさ)
フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|飼育用具
フェレットの特徴
フェレットの飼い方・飼育・飼育方法|フェレットの種類||TOPページ